英語リスニング力のための勉強法-英語は聞くだけでは聞き取れない①-

更新日:2021年3月3日


私は、若いころどうしても英語が話せるようになりたいと願っていました。そんなある日、

本屋さんである文言を目にしました。「英語は、聞くだけでものになる」というものでした。そうなのか、発音を勉強しなくても聞くだけでいいのか。ずぼら者の私は、聞くだけならばできると思い、アメリカで製作されたラジオ劇、ヘミングウェイ原作の「武器よさらば」のカセットテープを、だいたい1時間くらいのものでしたが、それを毎日欠かさず、1年間聞くことを決意しました。風の日もそして風邪の日も雨の日も私は1日も欠かさず、武器よさらばを聞き続けました。それは並大抵の努力ではありませんでした。そして、1日も欠かすことなく聞き続け、ついに丸1年目を迎えたとき私は愕然としました。私の耳は英語の音を1年たってもちっとも理解できなかったのです。正確には聞き始めて数日後にわかったところ以外は相変わらず、聞き取れなかったのです。だまされた!と思いました。そして、では、どうすれば英語を聞き取れるようになるのかと、真剣に考えました。もしかすると自分が発音できる音が聞き取れる音なのではないかと思い、本当は面倒で嫌だったのですが、カセットテープ付きの本を買ってきて、発音記号を勉強しました。3か月ほど毎日勉強しました。その結果私のリスニング力はどんどんと伸びていったのです。ところが…②に続く

閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

歌姫のこと  その女の子とおかあさんは、バス停で迷っていました。僕は女の子の方に声を かけました。  「失礼ですが、どちらへいかれるんですか?」  女の子は一瞬ひるみました。今思えば英語が苦手だったのです。僕はさらに聞 きました。  「○○の学生じゃないですか?」  彼女はニコリとしました。僕は昨日も二人をバスの中で見ていたので、よく 知っていたのです。3人は一緒にバスに乗りました。  これがそ

今日までコツコツと単語帳とにらめっこしながら、電車の中で、時には歩きながら受験の必須単語を覚えそれなりの点数を取ってきた人にとって、共通テストに於いてリスニングテストの配分が筆記と同じく100点になったなどとはあまりにもご無体な話。リスニングなんて僕苦手なんだよー、と言う人はけっこう多いはず。そもそもリスニング力を伸ばすにはどうすればいいのか。先生は言う。毎日英語を聞きなさい。でも、いくら聞いても

読み書きの英語なら自信のある人もひとたびリスニングとなると自信のなくす人はけっこう多いようです。しかしながら、日本の受験生がリスニングに弱いのは考えてみれば当たり前のことです。いつどこで誰からリスニングの方法や秘訣を教わりましたか。それどころか、単語を覚えるときも構文を覚えるときも、いつも自分が覚えるのに都合のいい言葉を使ってきました。いわゆる、カタカナ英語です。私なんかは中学生の頃f frien